teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 質問のきっかけ

 投稿者:間/JA5FP  投稿日:2017年12月18日(月)19時03分56秒 119-47-16-105.catv296.ne.jp
返信・引用
  > No.12706[元記事へ]

JA1BVA 齊藤さんへ

役所の正式回答は公印があります。総合通信局の公印は部長以上の役職者に与えられて
います。対外文書で公印がないものは、無効です。
今回の総合通信局の「回答」なるものも、無効になる可能性があります。

では、何を信じるのか。はっきりと公印がある免許状こそ信頼できるのです。
平成19年12月1日以降の処分は、特記事項がなければ、全て現行設備規則での審査と
処分がされているのです。もちろん、申請者が経過措置適用を明記していれば別です。

http://ja5fp.org

 
 

質問のきっかけ

 投稿者:JA1BVA 齊藤  投稿日:2017年12月18日(月)18時35分15秒 fp83937b5e.stmb227.ap.nuro.jp
返信・引用
  今回の関東総通への質問のきっかけは、主にHF帯を話題とする掲示板などですが、
「関東総通の考え方がおかしい」という共通項がありました。

しかし、具体的なものはないので、議論には参加しませんでしたが、なんとか事の真相を調べる方法はないか、と考えていました。

何のことは無く、自分の送信機が旧なのか、新なのか、総通に確認してみることにしたのです。

その結果が、報告の通りです。

他のエリアの総通がどういう判断をしているかは、確認の手段を持たないので、出来ませんが、
少なくとも私の理解と関東総通の理解(免許情報管理)は異なっていることは間違いないとの結論になりました。

とは言え、今後、回答が来て、私の理解が間違っている、という結論になるかも知れません。

なお、今回の手紙での質問に対し、関東総通は、

1 当該無線局の免許人・本人の問い合わせであること確認した。
2 免許人が有する送信機が正しく記載されている。

この二点で「成りすまし」ではない、と判断して回答する、とのことでした。

質問して初めて分かったことなので、不幸中の幸いかも知れません。

 

Re: 関東総通への質問と回答

 投稿者:JA1BVA 齊藤  投稿日:2017年12月18日(月)17時31分15秒 fp83937b5e.stmb227.ap.nuro.jp
返信・引用
  > No.12703[元記事へ]

7L1RLL_TabletPCさんへ

> RLL:一つ重要な投稿を観ないであれこれいいました。
> 第三送信機と第四送信機とが旧規格でおかしいですね。
>  これ,法的な問題というより,単なる誤植ではないでしょうか?
>  それとも,技術内容を取り違えている(いずれにしても,免許人にとっては重要事項)。

はい、私も単純ミスだと想定しています。
しかし、丸印は、手書きされていますので、意識して記入している可能性もある、とは思っています。

間違いなら、「間違えました」で済む話なので、正しい内容を回答してもらえれば解決します。

 

Re: 12/17, 136kHz WSPR

 投稿者:7L1RLL_TabletPC  投稿日:2017年12月18日(月)16時37分16秒 mo49-101-189-27.air.mopera.net
返信・引用
  > No.12699[元記事へ]

間/JA5FPさんへ

RLL:示唆ありがとうございます。実は,これ言い出しっぺは私ではなく,
私も,最近音信不通の某OMから指摘され,EIRPに変えたものです。

 米国をみると,実験局は50Wまで表記していたがアマチュア免許が下りた局は,
5Wか1Wかに落としました。これらを見て,LF/MFをEIRP表記が多いと判断
したものです。

 示された討論のうち,WSPR処理系の設定に選択するのは個人ですし,微小
電力のように指示できない場合もありますので,利用者選択で運用されている
ものでしょう。EIRPが計算できないと送信できませんのでおおよその計算値
は各自が分かっているものでしょう(spotsをもらって比較すると分かる場合
もあります。)。

 送信者の意図があって無線機出力表示というより,電文が前もって固定される
など現場では変えにくい状態もあります。分かっているが変えられない事情が
あるのか,EIRP表記に反対なのか,無頓着なのかなど説明を期待しています。

> 空中線電力かEIRPかの国際慣例はあるのでしょうか。
> 私の検索したとことでは次の論議がありますが、結論は見えません。
>   http://wsprnet.org/drupal/node/6940
> 貴方の好みを強制するのではなく、送信者の意図を尊重しては如何ですか。
 

Re: 関東総通への質問と回答

 投稿者:7L1RLL_TabletPC  投稿日:2017年12月18日(月)15時58分51秒 mo49-101-189-27.air.mopera.net
返信・引用
  > No.12700[元記事へ]

JA1BVA 齊藤さんへ

RLL:一つ重要な投稿を観ないであれこれいいました。
第三送信機と第四送信機とが旧規格でおかしいですね。
 これ,法的な問題というより,単なる誤植ではないでしょうか?
 それとも,技術内容を取り違えている(いずれにしても,免許人にとっては重要事項)。

> 今回の関東総通への質問と回答を参考までに写真でご紹介します。
> 写真の表を総通へ送付し、新・旧の該当する欄に○を記載してもらい、
> 同封した返信用封筒で返送してもらいました。
>
> 下表に描かれた丸は「エンピツ」で書かれていますので、改ざんしないようしなければなりません。
>
> この表の、第2送信機は、旧技適番号機ですから、当然の回答です。
> 第3送信機が、昨年、免許を受けた475K送信機、
> 第4送信機が136Kの200Wリニアです。TX2200Aにブースター追加の変更(部分)です。
>
> 免許人と総通との間では、「第n送信機」と「技術基準適合証明番号」だけが
> 共有事項ですから、これ以外は記載しておりません。
>
>
>
>
>
 

Re: 旧スプリアス基準

 投稿者:JA1BVA 齊藤  投稿日:2017年12月18日(月)13時31分47秒 fp83937b5e.stmb227.ap.nuro.jp
返信・引用
  7L1RLL_TabletPCさんへ

若鳥さん  齊藤です。

いろいろお考えいただき、またご心配いただき、ありがとうございます。

若鳥さんの言われる「送信機番号」とは、技適番号のことですか、それとも製造番号のことでしょうか。

技適番号であれば、保証願書にも変更申請の工事設計書にも記載しています。
製造番号は知りません。

世の中の送信機には、技適番号の「ある送信機」と「ない送信機」の二種類しかありません。
工事設計書には、技適番号を記入する欄しか用意されていないので、
「自作」という文字や技適番号の無い送信機の名称や製造番号を記載する必要がないし、
従って、総通もそれをもって管理は出来ないと考えています。

ですから、ご心配いただいた番号などの認識の違いはないものと思っています。

いずれにしろ、総通の回答がどうなるか、です。
私が期待しているのは、旧基準だとする法的根拠、該当する法令条文が示されることです。

ありがとうございます。


 

Re: 旧スプリアス基準

 投稿者:7L1RLL_TabletPC  投稿日:2017年12月18日(月)12時45分11秒 mo49-101-189-27.air.mopera.net
返信・引用
  > No.12696[元記事へ]

JA1BVA 齊藤さんへ

RLL:この差が表れた原因は何かを第三者がみたとき,ヒョットして送信機番号の
記載がどうなっていたのだろうという疑問があります。
 今回の回答でも,送信機番号について,両者確認とは記載してありません。
 特に,総通に自分の装置群の再確認をされたということから類推すると,
手元の送信機番号,機種名などと総通のデータとが遊離しているのではないかという疑いです。

 総通は,135kHz機器は新基準と承知の上での判断なので,古いHF機の
送信機番号として誤植のまま,増幅器増設申請を提出されていませんか?
 この誤りは,TSS/JARDでは発見できないものでしょう。

 もう一遍,申請書の写しを取り出して,送信機番号を確認されては如何でしょうか?
これは,法解釈の問題ではない可能性があります。

> 7L1RLL_TabletPCさんへ
>
>  ご意見をありがとうございます。
>
> TSSへの保証願書には、装置名や技適番号を記載する欄があります。
> ここには、TX2200AとかDXV-200S-135を記載しました。
> いずれも、サムウエイの製品名です。
>
> しかし、変更申請書の工事設計書には、これらは記載していません。
> 技術基準適合番号欄には、技術基準適合番号以外を記入しないこととTSSやJARDの
> 記入要領に書かれています。
>
> 従って、変更申請書上では、関東総通はTX2200AやDXV-200S-135という
> 装置名を知ることができず、装置名での管理は出来ないはずです。
> 仮に、TSSから関東総通へ提出した資料にそれが書いてあって、それにより関東総通が管理しているとしても、それは免許人(齊藤)からみて無効な管理です。
>
> 私が今回、このBBSへの書き込みでもっとも重要だと考えている点は、
> 総合通信基盤局がCQ誌上に、平成17年12月1日以降の保証を受けた送信機は、
> 新規格に合致している、と書いてるにも係らず、これを否定する回答が関東総通からあったことです。
> さらに、昨年、関東総通への直接の変更申請で免許された送信機が旧基準だとの回答があったことです。
> 間さんのご意見にもあるように、新基準だけの世の中ですから、
> 「旧基準の送信機です」との付記したならともかく、一方的に旧基準だとしたことが間違いだと思っています。
>
> 従って、どういう理由で旧基準としたのかを手紙で問い合わせています。
>
>
> 今回の総通からの回答を北海道の友人に伝えたところ、早速、北海道総通へ電話で確認してくれました。
> 回答は「平成17年12月1日以降、TSS保証の送信機は、全て新基準として免許している」であったとのことです。
>
>
>
> >  1)136kHzの送信機は,H17より後で出荷されたもの(関東総通だって承知)。
> >  2)どれかの送信機番号を間違えていないでしょうか?
> >   例えば,旧基準の送信機番号の直線増幅器として申請されていないか?
> >   または,送信機番号の記載を略して,TX2200Aなどと機種名を書いているだけか? など
> >   総通は,(接続する機種名には無関係に)送信機番号によって整理しているはずです。
> >   ここら辺りは,本人は申請したつもりだが,受理した側と食い違う要因になります。
> >   これが原因だと,追究すると,許可の出ていない送信機を接続し運用した過失を問われ
> >   かねません(俗にいう藪蛇)。
> >  3)TSS/JARDは,総務省に登録された個々の送信機番号を照合していない(推定)。更に,
> >   TSS/JARDから上がってきたものは内容を注意して読まず送信機番号を索引に処理(推定)。
> >
>
 

関東総通への質問と回答

 投稿者:JA1BVA 齊藤  投稿日:2017年12月18日(月)12時44分32秒 fp83937b5e.stmb227.ap.nuro.jp
返信・引用 編集済
  今回の関東総通への質問と回答を参考までに写真でご紹介します。
写真の表を総通へ送付し、新・旧の該当する欄に○を記載してもらい、
同封した返信用封筒で返送してもらいました。

下表に描かれた丸は「エンピツ」で書かれていますので、改ざんしないようしなければなりません。

この表の、第2送信機は、旧技適番号機ですから、当然の回答です。
第3送信機が、昨年、免許を受けた475K送信機、
第4送信機が136Kの200Wリニアです。TX2200Aにブースター追加の変更(部分)です。

免許人と総通との間では、「第n送信機」と「技術基準適合証明番号」だけが
共有事項ですから、これ以外は記載しておりません。




 

Re: 12/17, 136kHz WSPR

 投稿者:間/JA5FP  投稿日:2017年12月18日(月)12時40分10秒 119-47-16-105.catv296.ne.jp
返信・引用
  > No.12697[元記事へ]

7L1RLL_TabletPCさんへ

空中線電力かEIRPかの国際慣例はあるのでしょうか。
私の検索したとことでは次の論議がありますが、結論は見えません。
  http://wsprnet.org/drupal/node/6940
貴方の好みを強制するのではなく、送信者の意図を尊重しては如何ですか。

http://ja5fp.org

 

Re: 旧スプリアス基準

 投稿者:間/JA5FP  投稿日:2017年12月18日(月)12時30分52秒 119-47-16-105.catv296.ne.jp
返信・引用
  > No.12694[元記事へ]

JA1BVA 齊藤さんへ

> 間/JA5FPさんへ
>
> 間さんは専門家です。
> 私のようなアマチュアへ質問される意図が分かりません。

私たちは免許人であり、専門家も素人もありません。
齋藤さんが「関東総通は、何かおかしいです。解答した担当者個人の問題かも知れ
ませんが。」という問題提起から、このテーマが始まりました。

将来の再免許の内容を予測するよりも、現在の免許内容がどうであるかを見極める
のが大事だと思います。
時系列にしてみますと、次のようになります。
(1)スプリアスの許容値が改正されて、平成17年12月1日から施行されました。
(2)この日以前に工事設計認証や保証が行われた無線機については、平成34年11月30日を
もってその表示が消滅するとされました。
(3)あるアマチュア局が、「工事設計は電波法第3章に合致する」と記して再免許申請を
したとします。
(4)総合通信局長は免許状に特段の条件を付けずに、平成18年1月1日に再免許したとしま
す。
この時点で、総合通信局長はどのような審査と意思決定をしたのか、その法的妥当性が
焦点になるでしょう。

http://ja5fp.org

 

12/17, 136kHz WSPR

 投稿者:7L1RLL_TabletPC  投稿日:2017年12月18日(月)12時24分56秒 mo49-101-189-27.air.mopera.net
返信・引用
  A. DX
No station heard.

B. JP
JH1OFX/1 -: 7L1RLL1,JA1NQI-2,JA1PKG,JA5FP,JA8SCD,JH1OFX

PS. JH1OFXさんの電力表示は,LFなのにEIRP=20W表示。何時,直されるのでしょうかね?
 

Re: 旧スプリアス基準

 投稿者:JA1BVA 齊藤  投稿日:2017年12月18日(月)12時20分13秒 fp83937b5e.stmb227.ap.nuro.jp
返信・引用
  > No.12692[元記事へ]

7L1RLL_TabletPCさんへ

ご意見をありがとうございます。

TSSへの保証願書には、装置名や技適番号を記載する欄があります。
ここには、TX2200AとかDXV-200S-135を記載しました。
いずれも、サムウエイの製品名です。

しかし、変更申請書の工事設計書には、これらは記載していません。
技術基準適合番号欄には、技術基準適合番号以外を記入しないこととTSSやJARDの
記入要領に書かれています。

従って、変更申請書上では、関東総通はTX2200AやDXV-200S-135という
装置名を知ることができず、装置名での管理は出来ないはずです。
仮に、TSSから関東総通へ提出した資料にそれが書いてあって、それにより関東総通が管理しているとしても、それは免許人(齊藤)からみて無効な管理です。

私が今回、このBBSへの書き込みでもっとも重要だと考えている点は、
総合通信基盤局がCQ誌上に、平成17年12月1日以降の保証を受けた送信機は、
新規格に合致している、と書いてるにも係らず、これを否定する回答が関東総通からあったことです。
さらに、昨年、関東総通への直接の変更申請で免許された送信機が旧基準だとの回答があったことです。
間さんのご意見にもあるように、新基準だけの世の中ですから、
「旧基準の送信機です」との付記したならともかく、一方的に旧基準だとしたことが間違いだと思っています。

従って、どういう理由で旧基準としたのかを手紙で問い合わせています。


今回の総通からの回答を北海道の友人に伝えたところ、早速、北海道総通へ電話で確認してくれました。
回答は「平成17年12月1日以降、TSS保証の送信機は、全て新基準として免許している」であったとのことです。



>  1)136kHzの送信機は,H17より後で出荷されたもの(関東総通だって承知)。
>  2)どれかの送信機番号を間違えていないでしょうか?
>   例えば,旧基準の送信機番号の直線増幅器として申請されていないか?
>   または,送信機番号の記載を略して,TX2200Aなどと機種名を書いているだけか? など
>   総通は,(接続する機種名には無関係に)送信機番号によって整理しているはずです。
>   ここら辺りは,本人は申請したつもりだが,受理した側と食い違う要因になります。
>   これが原因だと,追究すると,許可の出ていない送信機を接続し運用した過失を問われ
>   かねません(俗にいう藪蛇)。
>  3)TSS/JARDは,総務省に登録された個々の送信機番号を照合していない(推定)。更に,
>   TSS/JARDから上がってきたものは内容を注意して読まず送信機番号を索引に処理(推定)。
>
 

12/17, 476kHz WSPR

 投稿者:7L1RLL_TabletPC  投稿日:2017年12月18日(月)12時13分48秒 mo49-101-189-27.air.mopera.net
返信・引用
  A. DX
  K9FD  -: 7L1RLL4,JA1NQI/2,JA1PKG,JA3TVF,       ,JE1JDL,JH3XCU,TNUKJPM
  KL7L  -:        ,        ,JA1PKG,      ,JA8SCD5
  VK4YB -: 7L1RLL4,JA1NQI/2,JA1PKG,JA3TVF,       ,JE1JDL,JH3XCU,TNUKJPM

B. JP
  JA3TVF -: 7L1RLL4,JA1NQI/2,JA1PKG,JA8SCD,JA8SCD5,JE1JDL,JH3XCU,TNUKJPM
 

Re: 旧スプリアス基準

 投稿者:JA1BVA 齊藤  投稿日:2017年12月18日(月)10時25分2秒 fp83937b5e.stmb227.ap.nuro.jp
返信・引用
  > No.12693[元記事へ]

間/JA5FPさんへ

間さんは専門家です。
私のようなアマチュアへ質問される意図が分かりません。

どういう回答が欲しいのですか。

お好みの回答を差し上げますよ。



 

Re: 旧スプリアス基準

 投稿者:間/JA5FP  投稿日:2017年12月18日(月)06時52分6秒 119-47-16-105.catv296.ne.jp
返信・引用
  JA1BVA 齊藤さんへ


> しかし、次の再免許申請後の免許状には、
> 「新規格に合致していることが確認できない送信機は、平成34年11月30日までの使用に限る」と
> 記載されると認識しています。
> 今年のCQ誌4月号に総合通信基盤局移動通信課が投稿した記事から、このように理解しています。
>
> ですから、再免許状の5年の間に「平成34年11月30日」が含まれない場合は、
> 旧基準の送信機があっても、何の記載もされない。
> しかし、だからと言って、全てが新基準の送信機であるとは言えない、と理解しています。

それに「納得できる」のであれば、幸せなことです。総合通信局に質問しなくても済みます。

http://ja5fp.org

 

Re: 旧スプリアス基準

 投稿者:7L1RLL_TabletPC  投稿日:2017年12月17日(日)22時04分48秒 mo183-73-84-204.air.mopera.net
返信・引用 編集済
  > No.12679[元記事へ]

JA1BVA 齊藤さんへ

RLL:割り込んで混線を増やすことを懸念しながら書いています。
間さんの解説は,参考になりました。

 何か,元の新設申請書とそれの変更申請とに誤解を与える記述誤りがあるような
気がします。
 1)136kHzの送信機は,H17より後で出荷されたもの(関東総通だって承知)。
 2)どれかの送信機番号を間違えていないでしょうか?
  例えば,旧基準の送信機番号の直線増幅器として申請されていないか?
  または,送信機番号の記載を略して,TX2200Aなどと機種名を書いているだけか? など
  総通は,(接続する機種名には無関係に)送信機番号によって整理しているはずです。
  ここら辺りは,本人は申請したつもりだが,受理した側と食い違う要因になります。
  これが原因だと,追究すると,許可の出ていない送信機を接続し運用した過失を問われ
  かねません(俗にいう藪蛇)。
 3)TSS/JARDは,総務省に登録された個々の送信機番号を照合していない(推定)。更に,
  TSS/JARDから上がってきたものは内容を注意して読まず送信機番号を索引に処理(推定)。

> 父島のJD1AHCの送信機について、関東総通へどれが新基準でどれが旧基準かを
> 手紙で質問してみました。
>
> 驚きました。
>
> 平成22年にTSS保証で免許をもらったTX2200Aを親機として、
> 平成24年に200Wのブースターを接続して、これもTSS保証で免許になりました。
>
> ところが今回の総通の回答では、この136Kの200W送信機が旧基準だとのこと。
 

Re: 旧スプリアス基準

 投稿者:JA1BVA 齊藤  投稿日:2017年12月17日(日)21時18分57秒 fp83937b5e.stmb227.ap.nuro.jp
返信・引用
  > No.12690[元記事へ]

間/JA5FPさんへ

> そのことを踏まえて、総合通信局長が現行設備規則に沿って技術審査して、再免許の決定を
> したのが行政事実です。総合通信局長から特に留保条件を付けてない再免許状が交付されて
> いるということは、新スプリアス基準に合致した工事設計だと公認されたのです。

 現在の免許状(再免許申請で発給された)の免許の期間は、平成29年から34年6月までです。
この免許の送信機には、今回の総通の回答では、旧基準の送信機が含まれているわけですが、
免許状には何の記載もありません。

しかし、次の再免許申請後の免許状には、
「新規格に合致していることが確認できない送信機は、平成34年11月30日までの使用に限る」と
記載されると認識しています。
今年のCQ誌4月号に総合通信基盤局移動通信課が投稿した記事から、このように理解しています。

ですから、再免許状の5年の間に「平成34年11月30日」が含まれない場合は、
旧基準の送信機があっても、何の記載もされない。
しかし、だからと言って、全てが新基準の送信機であるとは言えない、と理解しています。

 

Re: 旧スプリアス基準

 投稿者:間/JA5FP  投稿日:2017年12月17日(日)19時28分58秒 119-47-16-105.catv296.ne.jp
返信・引用 編集済
  > No.12689[元記事へ]

JA1BVA 齊藤さんへ

> この特別な条件というのが、省令119の事でしょうか。

再免許した旨の通知(これは総務省の内規で、免許状の発給で代えると決められています。)
すなわち免許状に「旧設備規則適用」の明示がない限り、現行法令による審査および処分と
なります。

なお、齋藤さんの言われる「省令119」というのは、正式には平成17年8月9日総務省令第
119号で発布された無線設備規則附則のことです。
この附則第5条で、工事設計認証の有効期限が定めれました。条文は正確には「表示が消滅
する。」であります。

そのことを踏まえて、総合通信局長が現行設備規則に沿って技術審査して、再免許の決定を
したのが行政事実です。総合通信局長から特に留保条件を付けてない再免許状が交付されて
いるということは、新スプリアス基準に合致した工事設計だと公認されたのです。

http://ja5fp.org

 

Re: 旧スプリアス基準

 投稿者:JA1BVA 齊藤  投稿日:2017年12月17日(日)18時03分36秒 fp83937b5e.stmb227.ap.nuro.jp
返信・引用 編集済
  > No.12688[元記事へ]

間/JA5FPさんへ


>
> > 要するに、平成17年12月1日以後の再免許は、特別な条件が付されていない限り、新
> > スプリアス規定に合致している処分となります。
>
> はい、私も当初は、再免許を受けると、全ての送信機は法的に新基準になる、と理解していました。
> しかし、現実はそうではなかった。総務省令119があるためです。
>
追加ですが、

>特別な条件が付されていない限り

この特別な条件というのが、省令119の事でしょうか。
 

Re: 旧スプリアス基準

 投稿者:JA1BVA 齊藤  投稿日:2017年12月17日(日)17時56分20秒 fp83937b5e.stmb227.ap.nuro.jp
返信・引用
  > No.12687[元記事へ]

間/JA5FPさんへ

> 要するに、平成17年12月1日以後の再免許は、特別な条件が付されていない限り、新
> スプリアス規定に合致している処分となります。

はい、私も当初は、再免許を受けると、全ての送信機は法的に新基準になる、と理解していました。
しかし、現実はそうではなかった。総務省令119があるためです。



 

レンタル掲示板
/610