teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:名無し  投稿日:2017年 4月25日(火)22時21分44秒
返信・引用
  http://6243.teacup.com/ama8/bbs

ここ今パスワード設定されてて見れなくなってますね。
 
 

(無題)

 投稿者:名無し  投稿日:2016年 7月11日(月)18時35分51秒
返信・引用
  だいぶ前に誰かがこんなことやってたけど、ひょっとするとK手に氏はKS会の
なんちゃって会員で、非活動家なのでは?・・こんなに時間割いて、しかも毎回長文で、
打つ時間やまとめる時間もいるし・・・それ考えるとね。
きっとKS会会館での日曜勤行とか勧誘活動とか絶対やっていないでしょう。

◎G虎D白への投稿
★2016/7/10  22:23 連続投稿・2016/7/10  22:16
★2016/7/10  17:59 連続投稿・2016/7/10  17:54
★2016/7/9  16:41 連続投稿・2016/7/9  16:38 連続投稿・2016/7/9  16:20
★2016/7/9  15:01

◎■いの談話室
★2016年 7月10日(日)13時27分13秒
★2016年 7月 9日(土)02時37分52秒 ←真夜中ですよ

◎S界の道へのコメント
★2016年07月10日(日) 23時11分51秒

◎G像の輪郭へのコメント
★2016年7月10日 12:42 PM

バレてますよ~、K手に氏さん。
 

(無題)

 投稿者:名無し  投稿日:2016年 7月 7日(木)07時45分25秒
返信・引用
  チョロチョロ、あちらこちらのブログコメ欄や掲示板に書き込みしているKS会員ですけど
まったく姿を表さないね、鶏肉料理がお好きなようで、頭髪の薄くなったメタボに習ってダンマリと逃亡か?

再度アップ、沢山の論者がお相手出来ますよ(*^^*)  → http://6243.teacup.com/ama8/bbs
 

(無題)

 投稿者:名無し  投稿日:2016年 6月25日(土)12時10分33秒
返信・引用
  なにか、この板では行方不明となっていた人が、
別のH講員ブログのコメ欄で遁走したのに、また法論だとか言ってるらしいですけど
オオカミ少年の言うことなんて信用できますかね?

この板が嫌いだとか、サブ板は気に入らないからだとかいいながら、●いの談話室では
正宗の板本尊や血脈を誹謗する自称・管理人のコメントの後でいけしゃあしゃあと、持論を展開している。
しかも自称・管理人の発言に一切それについては破折もしていない。

結局、彼の言うのは個人的な好き嫌いで、別に日蓮さんの法義に則った話では無いんでしょ?
いつもダラダラ自分のご高説、解釈書いてるけど、自己解釈で仏教語れるなら、
それを正しいと判断する基軸はなんだろうね?

G虎D白で功徳書いている人のほうがまだマシに見えるけど(笑)
この発言に文句が有ったら「日蓮と仏教宗教研究の掲示板」においで。

沢山の論者がお相手出来ますよ(*^^*)  → http://6243.teacup.com/ama8/bbs
 

(無題)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月23日(月)06時39分23秒
返信・引用
  山門入り口様、わざわざの案内ありがとうございます。
しばらく見守っていたのですが、どうも始まりそうにもないので、そろそろ終結要請をしようかなと
思っていたところでした。

山門入り口さまからの終了宣言でもありますので、各位さまで待機されていた方は
また通常の書き込みに戻ってください。
 

(無題)

 投稿者:山門入り口  投稿日:2016年 5月22日(日)22時13分22秒
返信・引用
  折角、場所をお借りしたのですが、先方が行方不明(遁走?)したので、法論は実現しないで終わってしまいました。
と言うことなので、通常の書き込みを続けて下さい。
御協力を頂いた皆様には、大変ありがとうございました。

http://plaza.rakuten.co.jp/sanmon77

 

(無題)

 投稿者:山門入り口  投稿日:2016年 5月10日(火)22時58分24秒
返信・引用
  (勝手に)地涌の流類さんへ。

>山門殿が法論を続行される意志をお持ちであるようなので、当方としても続行したいと思っております。
>訳あって「大石寺系教団の掲示板」には行くつもりがありません(理由をお知りに なりたければ、少々長くなりますが、後でご説明しましょう)。

使い勝手の良さと、見やすさで言えば、大石寺系掲示板が一番です。
まして、確り管理しているので、議論に集中出来ますよ。

>但し、大前提として、山門殿には宗門側としての論陣を張って戴きたく思います。
>何故ならば、そうなってきますと、純粋な宗門VS顕正会の法義論争とは言えなくなってしまう事になりますので。亦、当方としても対処できなくなります。
>そこで、法論をするに当たっては、日蓮正宗の教義を双方の大前提としたいのです。

法論と言うわりには、随分、縛りが厳しいですね。
法論としての法義確認です。
(1)三大秘法は、本門の本尊、本門の題目、本門の戒壇でいいですね。
(2)日蓮大聖人は御本仏ですね。
法の部分は同じ認識だと思います。
だから法論は成り立たないのですよ。

でも教義論争で、純粋な宗門と言うのであれば、日寛上人の通称日寛教学と言いたいところですが、大石寺の純粋な法義ではないから、日有上人以前の教義でなければ、純粋な大石寺法門は成立しません。
それでも、こちらはかまわないですよ。
日寛上人の解釈以後の大石寺歴代の発言は、日寛教学の影響を受けている、純粋大石寺教学ではないのですから。

次に、議題としては、戒壇論に成るんでしょうね。
でも、法義でないから、法論には相応しくないし困った。
だから私は、話し合いて言ってるんですよ。

戒壇論は解釈論でしかない。
なら、誰が解釈するのかが問題。
単純にその時の法主でしょう。
いや、歴代の指南がてあっても、解釈するのは、当代法主ですよ。
それすら理解できないで、歴代が言ったからだから正しいとは成りませんよ。
それなら疑義がある明治以後の歴代発言ではなく、疑義がない明治以前の法主の発言を出せばいい。
それを出せば、戒壇論は、顕正会側が正しいとなります。
まして、御書から国立戒壇の用語をだせば尚更。

証拠を出せないで、明治以後の歴代が言ったからてのは、通用しないでしょ。
逆に明治以前の歴代が使ってないのだから、問題有りても言えます。


それでも法論と言うことなら、文証の確認も必要ですね。
第一に「経」経文と御書ですね。
第二に「論」摩訶止観とかの論書。
第三に「釈」歴代の御指南とか。
ちなみに淺井会長の言葉は、釈以下ですから。

http://plaza.rakuten.co.jp/sanmon77

 

一時的解除

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月 8日(日)08時07分7秒
返信・引用
  山門入り口氏のオーダーで、一時的に(勝手に)地涌の流類氏の投稿を解除します。
 

(無題)

 投稿者:山門入り口  投稿日:2016年 5月 7日(土)23時06分31秒
返信・引用
  雑談という形で、しばらくお借りします。



(勝手に)地涌の流類さんへ。

>いや、名称問題は重要ではありませんよ。顕正会は何も名称に拘っているのではなく、その背後にある御遺命破戒を危惧している訳です。
「戒壇建立の条件」は何も補足レベルではなく、メインテーマです。正本堂を御遺命の戒壇と言ってしまう宗門は、明らかに法義を曲げてしまっているのです。

正本堂建立の時代、毎年信徒が倍増で増えていき、このペースなら広宣流布も間近と思い、御遺命の戒壇と言ってもおかしくはないでしょう。
しかし、御遺命の戒壇に成りうると修正はしました。
この辺は、宗門は戒壇論に関していままで対外的に考察してなかったから、時代背景も考えてなかったから混乱していたてのが実乗でしょうね。

>時代背景とかで大聖人の法義を曲げてはいけませんよ。2016年になったから戒壇の大御本尊は受持しないようにしましょうとか、21世紀になったか ら真言も邪教ではない事にしましょうとか、お数珠もお経も現代風ではないからやめましょうとか…。そういうのは宗教ではなくて、風俗風習です。流行歌のレ ベルですね。
因みに、主権在民の現在でも「天皇制度」は残っていますし、「国会議決」は国政の決定権を持っていて、更に憲法に改憲の手続きも載っています。顕正会の主張のどういう点が国家体制に反していると仰るのですか

時代背景を考えるのは常識ですよ。
勅宣は天皇の言葉、御教書は国会決議て時代背景に融合してるではないですか。
御教書は「将軍の筒の一声です」どこが、国会決議の合議制なのですか。
この時点で、時代背景を考えて法義を曲げたというのは、顕正会側にブーメランで還っていきますよ。

天皇制にしても、「象徴天皇」ですから、天皇制と言えるのかは議論の余地がりますが、私個人は天王制など必要ないと思ってます。現代で言えば逆差別ですからね。
そして、憲法改正が前提で顕正会は国家体制に反してないと言いますが、現在の憲法下では違法でしょ。
もし、憲法が改正されたらて「もし」と言う可能性を考慮して考える物ではないでしょう。
現憲法に違反しないでが重要です。

>2016年になったから戒壇の大御本尊は受持しないようにしましょうとか、

学会が大御本尊を受持するしあになど、学会の勝手でしょう。
それをとやかく言う資格など顕正会にはない。
なら、公式名称、宗教法人顕正会で有るにもかかわらず、仏法上の名前は、「冨士大石寺顕正会」と名乗るのは、すぐに止めて、看板も撤去しましょう。
こんなの名称詐称ですよ。
でも、そのクレームには耳を貸しませんよね。
仏法上だから許される道理なども有りません。
まして何を持って仏法上と言うのかも不明。

>21世紀になったか ら真言も邪教ではない事にしましょうとか、お数珠もお経も現代風ではないからやめましょうとか…。そういうのは宗教ではなくて、風俗風習です。流行歌のレ ベルですね。

現代風でないから止めましょうて言ってないですよ。
それを言ってるのは顕正会でしょ。
妙信講の「講」は、古くさいし、他の講を使ってるところと間違われて紛らわしい。
だから日蓮正宗顕正会に名を改める。
法華講衆て使い出したのは日興上人からですよ。
それを、古くさいだのとか捨て去ったのは顕正会です。
御経に関しては、羅什の訳が原本の訳と違っているのだから、改めるのは当たり前でしょ。
間違いは間違いで修正しなければ、間違った御経を唱えてる事になりますよ。
ま、羅什経なら羅什の間違った翻訳の経典を使っていてもいいでしょうがね。
それとお数珠云々は風俗風習ではなく、化儀です。


>簡単な事ですよ。大聖人が三大秘法抄や立正安国論で示唆された事は、国家的に仏法を保たねば国は亡ぶ、故に国教化の上、国の事業として本門の戒壇を建立させるように、という事です。
国家体制は、関白秀吉が支配者となったり、幕府が再建されたりなくなったり、元老院や貴族院ができたりなくなったり、大蔵省が財務省になったりと色々と変化しておりますが、「国家として戒壇を建立するように」という御遺命に変化はありません。

鎌倉時代の国家感なら国教でもいいですよ。
2000万も国民が居るか居ないかの時代ですから。
仮に国教にしても、国の態勢が変われば国教で無くなる可能性もある。
そんな、不確かなものでいい訳ではないでしょ。
国家として戒壇を建てろとは大聖人は言ってない。
国主がこの法を保つときなのですから、国主個人が正法に帰依て事でしょう。
鎌倉時代の概念なら天皇は国主かも知れない。
また、武蔵国の国主とかもいるのですから、国主とかどの国主をさしてるのかが明確ではない。
現代では国主は、主権在民なのだから国民でしょ。
鎌倉時代と時代背景が違うのだから、それを現代に当てはめて考えるのは無理があります。
鎌倉時代の政治体系に戻せば別ですが、そんなの不可能でしょう。

>然れば、「その時」が来てもいないのに正本堂を御遺命の戒壇と言ってしまったり、御教書を「建築許可証」と言ってしまったり、「国立戒壇」という言葉を永久不使用にしてしまったりしたのは、まずかったでしょうね。

当時の状況から考えて、正本堂が御遺命の戒壇てなってしまっても仕方が無かったでしょう。
顕正会でも100万達成がまもなくといいながら延期されてました。
もうすぐ達成だと言う雰囲気があったのだから、そう言う言葉を使ってもおかしくなかった。
だから、御遺命の戒壇に成りうる可能性を残して、御遺命の戒壇になりする大殿堂として、未来のことは判らないと、締めていたはずですよ。
で、御教書を建築許可書てのは、間違いではないです。
鎌倉時代とかでは、大きな建物は力(権力)の象徴でもありました。
だから、御教書という形の許可書がでて、始めて大きな建物、建築物が建てられます。
国立戒壇の名称にしても、名称ですよ。名称には拘らないのでしょ。
それなら、永久放棄でも問題はないですし、まして、本門寺の戒壇。本門の戒壇て名称があるのですから、それに統一しただけ。
大聖人が読んでいる言葉だけを使用しようてだけでしょう。
それを大聖人が一言も言ったこともない「国立戒壇」て名称に拘って、国立戒壇を捨てたとか。破壊したとか、言ってるのは顕正会ですよ。
大聖人が読んでいる本門の戒壇と言う名前を使わない方が問題でしょう。


>ならば、池田氏が色々と口を挟む事も毅然とした態度で制すれば良かったでしょうね。ところで、貴殿は御法主が「是からは南無阿弥陀仏と唱えよう」と指導し始めたら、それに従ったりするのですか?

池田会長が口を挟んだとは何に対して口を挟んだのでしょうか?
逆に淺井会長が口を挟んだ行為に対して、話しを聴いて、争いを収めようとした日達上人にい対して自分の我が儘が取り入れられないからといって、没後に好き勝手を言ってる淺井会長は人間として問題があるでしょう。
ちなみに、法主が「南無阿弥陀仏を唱える」と言いだしてもそんなのには、従いませんよ。
同じ題目系でも帰依する対象が違うでしょ。

>…まあ、「法主無謬論」を前提にする限りは、法論は成立しないでしょうね。
「御法主上人は神や御本仏のようなお方だ。絶対に間違わない。だから、どんな御指南にも全僧俗は異議を差し挟まないように!御書に違背しているように見えたら、それはそう思う側の目が腐っているのだ。御書は御法主上人が観心読みしてこそ初めて意味が判る!」
という事が前提ならば、御法主がどのような御仁でも、どのような説法をしても、完全服従せねばなりませんから。


法主無謬論なんか唱えている法華講員て居るかな?
居ないはずですよ。逆に淺井会長無謬論の方でしょう。
淺井会長は間違わない。唯一正しく大聖人様の法を知るうる人なのですから。
誰にも主事しないで、法門を学べる事など有りません。
ましてや、一住職に法門を少し教えて貰ったからと天狗になって自慢してる淺井会長ごときが、法門の何たるかなど断片ぐらいしか判ってないでしょう。

>それはそうと、沖浦殿は時々「誰か顕正会員が訪ねて来ないものか。来てくれれば道理を教えて差し上げるのに(要旨)」という事を仰っているのですが、ちょっと中々辺鄙なところにお住まいなので、沖浦殿の願望が実現するのは難しいかと思っています。

長野は活動が盛んなところのはずです。
しかし実際は、学会員である沖浦さんの所には、顕正会員は近づいてこない。
顕正会の実体などその程度なのでしょう。
それでも、顕正会の幹部に骨のある人が居るのであれば、沖浦さんに公開法論を申し込む人もいるでしょうが、期待できないでしょうね。

>貴殿のお考えである、宗祖のお考えとはどういうものですか?法義対立がある以上、脱宗を賭けて公開法論を行う事ですか?

他宗との法論に関して、宗旨替えをかけて法論を臨まれていたでしょ。
それは、現代でも受け継がれるべき事ですよ。
まして、他教団同士の法論なら宗旨替えを前提にするのは、日興門流なら当たり前のこと。
公開をしろというのは、言ったいわないて水掛け論になったり、勝ち負けの判定が出来ないからです。
素直に反論不能だから負けて認めることができるのなら、非公開でもいいでしょうが、そんなのは希ですからね。

>やはり、そうだったのですか!
しかし、物凄く不思議に思ったのですが、貴殿は確か「星界の道」にて、顕正会批判のみならず、現宗門に対する批判も度々されていて、おまけに日寛上人への批判までされていたように記憶していたのですが、貴殿のお立場はどうなっているのでしょうか?
確か、法華講員でいらっしゃったかと思うのですが、「正宗の教義は外では通用しない」といった事を仰っていたようにも思われます。そこでお聞きしたいのですが、貴殿は日蓮正宗を信じていますか?亦、仮に信じて居られないのであれば、何ゆえ法華講に所属されているのですか?

縁あって正宗信徒になって、その中で色々学んで答えを出しました。
惰性で信徒をしてるだけですよ。
また、日寛聖人への批判ですが、謗法与同の法主を用いる方がおかしいでしょう。
まして天台法門で組み立てられているような、法義なのですから。

最後に「正宗の教義は外で通用しない」てのは、日蓮本仏論ですよ。
正宗系以外で日蓮本仏と言っても、経文に書かれてないてお終いでしょ。
経文を持って証明できなければ邪義なのですから。
それ以上になると仏教学とか宗教学とかの世界になってしまいますが、大海を知らない蛙なんですよ。
大石寺系教団の信徒は。

http://plaza.rakuten.co.jp/sanmon77

 

Pray for KUMAMOTO

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 4月21日(木)12時16分54秒
返信・引用
  この板では遠い地の熊本の惨状に何も出来ませんが、個人としては義援金参加そして
平成28年熊本地震によって被害を受けられた被災者を支援するための義援金を募るサイトを熊本県が案内されています。
この板管理人として、自治体に直接義援金・募金・寄付参加を呼びかけのつもりで「熊本県熊本地方地震義援金」を貼っておきます。
 

レンタル掲示板
/77