【光画】掲示板


カテゴリ:[ 趣味 ]


911件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。


[1190] メジロさん

投稿者: 木村宣夫  投稿日:2021年11月25日(木)15時55分5秒 FL1-119-244-224-161.kng.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

トリ、チョウ、トンボは向こうから近づいてきた時だけ撮っています。街路樹の赤い実(ハナミズキ?)を食べているメジロを撮ってみました。活発で身軽なメジロは見ていて楽しくなります。



[1189] Re: 東京光画館

投稿者: 藤本大輝  投稿日:2021年11月25日(木)11時25分57秒 119-228-128-71f1.osk2.eonet.ne.jp  通報   返信・引用 > No.1188[元記事へ]

分かりました。


> > でも、これだと掲示板が荒れるので
> > 今月の写真の方に掲示していただきたいのですが。
> >
>
> トップページの一番下の段落に「ご投稿・ご連絡Mailはこちらから」
> がありますのでメールにてご連絡ください。



[1188] 東京光画館

投稿者: 管理人 投稿日:2021年11月25日(木)02時17分21秒 113x38x137x82.ap113.ftth.ucom.ne.jp  通報   返信・引用 > No.1187[元記事へ]

> でも、これだと掲示板が荒れるので
> 今月の写真の方に掲示していただきたいのですが。
>

トップページの一番下の段落に「ご投稿・ご連絡Mailはこちらから」
がありますのでメールにてご連絡ください。



[1187] (無題)

投稿者: 藤本大輝  投稿日:2021年11月21日(日)21時44分24秒 119-228-128-71f1.osk2.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

でも、これだと掲示板が荒れるので
今月の写真の方に掲示していただきたいのですが。



[1186] やり方分かりました。

投稿者: 藤本大輝  投稿日:2021年11月21日(日)21時33分30秒 119-228-128-71f1.osk2.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

画像を添付するだけでいいんですね。分かりました。
とりあえず大阪に住んでるので吉村知事のポスターの写真を投稿しました。



[1185] 一度やってみたいです。

投稿者: 藤本大輝  投稿日:2021年11月21日(日)21時26分58秒 119-228-128-71f1.osk2.eonet.ne.jp  通報   返信・引用 > No.1183[元記事へ]

自分の写真は拙いですが、ここで発表したいです。どうすればよいですか?




> 藤本さん、ポエムはいいから写真撮りましょう。
> ここで発表すればいいんじゃないの?



[1184] 一度やってみたいです。

投稿者: 藤本大輝  投稿日:2021年11月21日(日)21時26分0秒 119-228-128-71f1.osk2.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

自分の写真は拙いですが、ここで発表したいです。どうすればよいですか?



[1183] (無題)

投稿者: ああ 投稿日:2021年11月21日(日)11時21分48秒 softbank060113011012.bbtec.net  通報   返信・引用

藤本さん、ポエムはいいから写真撮りましょう。
ここで発表すればいいんじゃないの?



[1182] 創作に向いてる人

投稿者: 藤本大輝 投稿日:2021年11月20日(土)19時41分35秒 119-228-128-71f1.osk2.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

写真を撮るのに特別な才能はあまりいらない。
だが、才能がある程度なければ続けられない。
最初から才能がある人や作品をいっぱい見てしまうと
続かない。
こんな作品を作ってる自分は駄目な奴だ
となってしまう。
逆に、何も知らない状態のほうが良い作品は作れてしまうが、
周りには理想が高すぎるふうに映ってしまう。
固定概念に縛られるのは一見悪く見えるが
知識や経験が豊富だということだ。
理想が高いというのは、良いように見えるが
作品ではなく、作品論の創作に傾いてしまう。
つまり、作品としては残らないため、発表もできない。
ある程度知識を蓄えて
自分の作品をコツコツ作れる人が
創作人に向いている。



[1181] 元に戻ってしまった

投稿者: 藤本大輝 投稿日:2021年11月13日(土)22時29分32秒 119-228-128-71f1.osk2.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

昨年に2月から他者の共感を切に考え続け実践してきた。
でも、その考えが自分の中でだんだんと廃れてきた。
ここ二ヶ月で急に変わった。
また、考え方がインディーズやアングラに戻りつつある。
というよりも共感を重視した考え方を持つ人間より
自分が作りたいものを作るという考え方の人間に
会う機会が多かったのもある。
元田敬三さんとか友人の映像作家とか
写真以外に週刊雑誌の漫画の原作のコンテストも挑戦しようとしたが
全然書けずにいる
コンビニで150枚も原稿用紙をコピーしたのに
1枚も使ってない。
漫画は諦めかけている。
また、撮り始めるしかない。
つぎは1wall展佳作を目指す。



[1180] コバヤカワ様

投稿者: 管理人 投稿日:2021年11月 5日(金)11時36分55秒 113x38x137x82.ap113.ftth.ucom.ne.jp  通報   返信・引用

入稿に不都合があり何度かメールを
差し上げましたがご返事がありません。
東京光画館までメールにてご連絡ください。

管理人



[1179] 久し振りの街歩き

投稿者: のぶなが 投稿日:2021年11月 4日(木)16時47分33秒 sp49-98-129-80.msd.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

緊急事態宣言も解除され、コロナの感染者数も減って来たので所用もあって、コンデジを手にして少し街を歩いて見た。
特に目立った被写体には遭遇しなかったが、やはり街歩きのスナップは気分も高まり足取りも軽くさせてくれる。

スナップショットは、街も人も生きた個々のリアリティが表出される所がとても面白い。
人通りは少なく、やや閑散とした街でしたが、今日は可愛い女の子にも出会えたし満足、満足・・・・(笑)
次の街歩きを楽しみにしたい。
・・・・・・



[1178] 総写真家時代

投稿者: のぶなが 投稿日:2021年11月 1日(月)08時11分29秒 sp1-75-214-15.msb.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

2010年代に流行語になった『インスタ映え』はSNSでの共有に最適化され総写真家時代になった今日、かつてプロフェッショナルな写真家の特権だった技術は誰の手にも手軽に持つ事が出来るようになった。
技法は簡易になり『写真家』と言う特殊な称呼は無くなりつつあり、普遍化して来たのも現状である。

SNSは社会的用途の広がりと重なり、写真の裾野は広がり続けているがその分、ドキュメンタリー的な深みは無くなってきた。
『いいね』『いいね』の優越感に浸る溢れ出た写真群に溺れないようにしたいものである。
う~ん、言わば枯淡の境地かな・・・・(笑)



[1177] Re: 入稿について

投稿者: tadeen 投稿日:2021年10月30日(土)00時28分38秒 sp49-98-218-15.msd.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

入稿しました!
よろしくお願い申し上げます。

> いまだ11月号の入稿を御済でない方
> お急ぎください
> そろそろ締め切りますよ。
> 入稿を待っていて暇なんですね
> 早い話。



[1176] 入稿について

投稿者: 管理人 投稿日:2021年10月28日(木)11時58分3秒 113x38x137x82.ap113.ftth.ucom.ne.jp  通報   返信・引用

いまだ11月号の入稿を御済でない方
お急ぎください
そろそろ締め切りますよ。
入稿を待っていて暇なんですね
早い話。



[1175] やりたいことをしよう

投稿者: 藤本大輝 投稿日:2021年10月26日(火)19時59分19秒 119-228-128-71f1.osk2.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

やりたいことをやっていれば幸せだ
人がどう思うかなんて考えたり
難しいことをやるよりも
自分のできそうなことをやるほうがいい
長くやればやるほど
何かが見えてくるはずだ。



[1174] Re: 明日、死するとも・・・

投稿者: tadeen 投稿日:2021年10月16日(土)15時45分50秒 sp49-98-225-19.msd.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

おそらく、その言葉の元ネタは、

「たとえ世界の終末が明日であっても、
自分は今日リンゴの木を植える」

というマルティン・ルターが言ったとされる言葉です。

いろんなところで、週末を死に置き換えたりして
使われているみたいです。




> 昔、昔に見た映画でもう映画のタイトルもストーリーも忘れてしまったが主演の柴田恭兵が言った台詞だけは妙に今でもハッキリと覚えている。
> 『明日、私が死するとも私は今日、リンゴの木を植えるだろう・・・』
> 同じ言葉が私が散歩コースにしている公園の一角に石に刻まれて建っている。いつもここで立ち止まり眺めていくのだが、段々とこの言葉の重みも感じている。そう言う年齢になってきたのかも知れない。
> 散歩コースでいつも目にする同じ風景もその時の心情で違ったモノに見えてくる。そうして今まで撮影した写真を見返すと、やはりその時の心情までもが写り込んでいる。ある意味、写真とはそう言うモノでもある。
>



[1173] Re: 明日、死するとも・・・

投稿者: tadeen 投稿日:2021年10月16日(土)15時41分56秒 sp49-98-225-19.msd.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

おそらく、その言葉の元ネタは、

「たとえ世界の終末が明日であっても、
自分は今日リンゴの木を植える」

というマルチン・ルターが言ったとされる言葉です。

いろんなところで、週末を死に置き換えたりして
使われているみたいです。


> 昔、昔に見た映画でもう映画のタイトルもストーリーも忘れてしまったが主演の柴田恭兵が言った台詞だけは妙に今でもハッキリと覚えている。
> 『明日、私が死するとも私は今日、リンゴの木を植えるだろう・・・』
> 同じ言葉が私が散歩コースにしている公園の一角に石に刻まれて建っている。いつもここで立ち止まり眺めていくのだが、段々とこの言葉の重みも感じている。そう言う年齢になってきたのかも知れない。
> 散歩コースでいつも目にする同じ風景もその時の心情で違ったモノに見えてくる。そうして今まで撮影した写真を見返すと、やはりその時の心情までもが写り込んでいる。ある意味、写真とはそう言うモノでもある。
>



[1172] 新しい表現の開拓は諦める

投稿者: 藤本大輝 投稿日:2021年10月14日(木)18時15分47秒 119-228-128-71f1.osk2.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

個人的には1970年のムーブメントが好きで、色んな古本を買い漁っている。2021年という今の時代でも新しい表現が求められていると言われるが、なかなか難しい。とりあえず作っていくしかない。ただし、新しい表現や作品を求めないことが重要だ。誰かがどこかで同じようなことをやっているのは仕方がないが、今はそのような情報がすぐ手に入るので、希少性を保てなくなっている。いわば、今の時代は、何も知らないままのほうが、良い作品を作れると思う。



[1171] 明日、死するとも・・・

投稿者: のぶなが 投稿日:2021年10月13日(水)09時33分45秒 sp1-79-84-50.msb.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

昔、昔に見た映画でもう映画のタイトルもストーリーも忘れてしまったが主演の柴田恭兵が言った台詞だけは妙に今でもハッキリと覚えている。
『明日、私が死するとも私は今日、リンゴの木を植えるだろう・・・』
同じ言葉が私が散歩コースにしている公園の一角に石に刻まれて建っている。いつもここで立ち止まり眺めていくのだが、段々とこの言葉の重みも感じている。そう言う年齢になってきたのかも知れない。
散歩コースでいつも目にする同じ風景もその時の心情で違ったモノに見えてくる。そうして今まで撮影した写真を見返すと、やはりその時の心情までもが写り込んでいる。ある意味、写真とはそう言うモノでもある。



[1170] (無題)

投稿者: Sinn 投稿日:2021年10月 3日(日)18時32分37秒 fp5a9588dd.oski003.ap.nuro.jp  通報   返信・引用

今月号のバケツ新聞サイズに印刷して飾りたいぐらい好きです!
普段は森山大道の記録シリーズのポスターを気分で張り替えてます
本当は40~50万の本物のプリントを飾りたいのですが・・・



[1169] Re: ビル風

投稿者: 北斎やわら 投稿日:2021年 9月25日(土)11時57分17秒 sp1-75-2-193.msc.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

私からするとこの写真はたんなるスナップ写真。私が撮る写真は全てスナップ写真ですね。盗撮者が撮った写真が盗撮写真です。



[1168] こちらこそ勉強になりました。

投稿者: 藤本大輝 投稿日:2021年 9月21日(火)09時13分3秒 119-228-130-153f1.osk2.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

のぶながさん
自分も日頃考えてることをまとめることができて良かったです。



[1167] スナップ写真

投稿者: のぶなが 投稿日:2021年 9月20日(月)23時39分22秒 sp49-97-107-52.msc.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

藤本様、丁重なコメントを有難う御座います。
撮る側と、撮られる側は相対するモノですから、なかなか簡単に受け入れられない部分は有りますね。
ストリートフォトを撮る写真家も数多く居ましたが今は余り見られなくなったのも現在の風潮でしょうね・・・

一例を挙げると、流しの写真屋と言われた写真家である渡辺克己の写真集『新宿』は何度も何度も眺めていた思い出があります。
端的に言うと、こう言う写真が残っているから、その時代のこう言う日常があったのだと分かるのが写真の凄い所ですね。
『写真はドキュメンタリー』・・・その時代の記録を定着させていく事も大きな写真の使命であるとも思っています。
有難う御座いました。これからも宜しくお願いします。

2021.9.20 のぶなが



[1166] Re: スナップ写真は現在撮りづらいです。

投稿者: 藤本大輝 投稿日:2021年 9月20日(月)17時26分27秒 119-228-130-153f1.osk2.eonet.ne.jp  通報   返信・引用 > No.1165[元記事へ]

> のぶながさんの書き込みを見て思うところがあって投稿しました。
> 確かにストリートスナップは盗撮と一括りにされ、年々撮りづらくなっています。
> コンテストの発表の場でも、許可を得ないと応募できないと応募要項にも書かれることが多くなりました。
> 個人情報やプライバシーに対する意識が高まり、個人が肖像権を大切にするようになりました。
> アサヒカメラの記事によると、意識的に下着などを撮る盗撮行為は罰せられますが、
> 公の場で相手が撮られたくない状況になっていないならば、大丈夫だったはずです。
> 昨今では、SNSが個人と個人をつなげ、そういう写真を絶対に許さないという意識が芽生えてきてる気がします。
> いつの間にかストリートスナップカメラマンは悪者退治の標的になっています。
> のぶながさんが載せている写真は、今の時代では攻撃の対象になりかねません。
> 盗撮対策で「撮られたくないならレンズを触れば嫌がる」という記事も出てきています。
> まあ1950年代から写真が流行し、1980年代ではスナップ全盛期、2021年はスナップ写真撲滅運動となっている感じです。
> この5年くらいで、写真における流れがぐぐっと変わりました。
> 写真文化の発達は古い慣習を刷新する裏返しでもあります。
> ストリートスナップは今の写真文化にとって必要のないものになりつつあります。
> 実際に自分もこの流れについていけません。
> 東松照明、須田一政、中平卓馬などストリートスナップ界の大御所が亡くなりつつある今、古来からある写真文化の継承をする前に、新しい写真文化としてSNSが土足で居座ってる状態です。
> インフルエンサーと呼ばれる新たな世代が、プロ写真家よりも知名度や人気を持ち、デジタルやWeb媒体で活躍しています。インフルエンサーは土俵がデジタルなので、情報発信力や影響力が大きいので、若い人や趣味カメラマンはその人達の作品が目標になっています。
> SNSはいわば、世渡り上手な人が活躍できる場所なので、「自分が良ければ別になんでもいい」ような写真は流されます。基本、流されるため、一枚一枚じっくり見てもらえません。
> ですが、昔よりも作品発表の場があるのは事実です。恵まれています。
> そして、この状況は10年くらい変わらないと思います。
> 今は、良い写真を撮り続けていても評価されない時代で、発信するほうが価値を分かってもらいやすくなる時代です。いわゆる聞き手に対してプレゼンをするような感じです。
> そういった相手に分かりやすく伝わる写真が求められています。
> それは一種の娯楽性を帯びているともいえます。
> 本来の芸術性は消え失せ、個人の感覚で芸術かどうか決めます。
> でも、人気を得やすいほうの芸術性が浮上し、分かりにくいものは消えていきます。
> まあ、1950年くらいから変わらないわけですが、そういった問題が昔からあるということです。たまたま写真に回ってきただけです。
> 長々書きましたが、今後はSNSを含め、どうやって付き合っていくか模索する姿勢が大事なのだと思います。
>
>
>



[1165] スナップ写真は現在撮りづらいです。

投稿者: 藤本大輝 投稿日:2021年 9月20日(月)17時26分9秒 119-228-130-153f1.osk2.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

のぶながさんの書き込みを見て思うところがあって投稿しました。
確かにストリートスナップは盗撮と一括りにされ、年々撮りづらくなっています。
コンテストの発表の場でも、許可を得ないと応募できないと応募要項にも書かれることが多くなりました。
個人情報やプライバシーに対する意識が高まり、個人が肖像権を大切にするようになりました。
アサヒカメラの記事によると、意識的に下着などを撮る盗撮行為は罰せられますが、
公の場で相手が撮られたくない状況になっていないならば、大丈夫だったはずです。
昨今では、SNSが個人と個人をつなげ、そういう写真を絶対に許さないという意識が芽生えてきてる気がします。
いつの間にかストリートスナップカメラマンは悪者退治の標的になっています。
のぶながさんが載せている写真は、今の時代では攻撃の対象になりかねません。
盗撮対策で「撮られたくないならレンズを触れば嫌がる」という記事も出てきています。
まあ1950年代から写真が流行し、1980年代ではスナップ全盛期、2021年はスナップ写真撲滅運動となっている感じです。
この5年くらいで、写真における流れがぐぐっと変わりました。
写真文化の発達は古い慣習を刷新する裏返しでもあります。
ストリートスナップは今の写真文化にとって必要のないものになりつつあります。
実際に自分もこの流れについていけません。
東松照明、須田一政、中平卓馬などストリートスナップ界の大御所が亡くなりつつある今、古来からある写真文化の継承をする前に、新しい写真文化としてSNSが土足で居座ってる状態です。
インフルエンサーと呼ばれる新たな世代が、プロ写真家よりも知名度や人気を持ち、デジタルやWeb媒体で活躍しています。インフルエンサーは土俵がデジタルなので、情報発信力や影響力が大きいので、若い人や趣味カメラマンはその人達の作品が目標になっています。
SNSはいわば、世渡り上手な人が活躍できる場所なので、「自分が良ければ別になんでもいい」ような写真は流されます。基本、流されるため、一枚一枚じっくり見てもらえません。
ですが、昔よりも作品発表の場があるのは事実です。恵まれています。
そして、この状況は10年くらい変わらないと思います。
今は、良い写真を撮り続けていても評価されない時代で、発信するほうが価値を分かってもらいやすくなる時代です。いわゆる聞き手に対してプレゼンをするような感じです。
そういった相手に分かりやすく伝わる写真が求められています。
それは一種の娯楽性を帯びているともいえます。
本来の芸術性は消え失せ、個人の感覚で芸術かどうか決めます。
でも、人気を得やすいほうの芸術性が浮上し、分かりにくいものは消えていきます。
まあ、1950年くらいから変わらないわけですが、そういった問題が昔からあるということです。たまたま写真に回ってきただけです。
長々書きましたが、今後はSNSを含め、どうやって付き合っていくか模索する姿勢が大事なのだと思います。




[1164] ビル風

投稿者: のぶなが 投稿日:2021年 9月18日(土)13時18分20秒 sp1-75-249-80.msb.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

釣りは『鮒に始まり鮒に終わる』と言われるが、銀塩写真を長くやって来た者にとっては『写真はスナップに始まりスナップに終わる』なのである。
ところが、今はこのスナップ写真がとても撮りづらくなって来た。
ましてや子供なんかは後ろ姿にカメラを向けても、場合によると盗撮まがいの疑いを掛けられ大事になる始末だ。

コロナ禍で祭典とかイベントが相次いで休止になったのも余計に人のスナップを撮りづらくしている。
さて、盗撮とはなんぞや・・・簡単に言うと『被写体となる人間の了解を得ずに勝手に撮影を行う』と言う事になる。
まあ、テレビ等の24時間警察云々を見ると一般的には裸や下着を撮影する行為となるが、余りにも安易に?一括りにして全て盗撮とする風潮がスナップ写真の面白さを奪っている。
反面、『映え』の写真が増えているが、美しい写真だけではドキュメンタリー性が無く、物足りない。
スナップ写真から何が見えてくるのか、やはり人からは時代の変遷であったり、その土地の風土であったり、成長過程等々、時の流れを堅実に写し留めている。
盗撮VSハプニング(ビル風)・・・これは、北斎さんのアドバイスも是非、お聞きしたいものである。



[1163] 写真の転換期か、通過点か

投稿者: 藤本大輝 投稿日:2021年 8月16日(月)17時27分59秒 121-86-221-131f1.kyt1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

Sinnさんのブログから来ました。
男23歳です。

何人か写真を見ましたが、
個性的な写真が多く見応えがありました。
SNSというより
昔あった文学極道みたいな感じだなと思いました。
この写真投稿サイト自体、ニッチな分野だと感じました。
映えを意識した分野(インスタグラムなど)と差別化できていると思います。
雑誌が休刊して
SNSやWeb媒体に変わっていく今、
新しさや勢いや新鮮さよりも
大事な物があると思うので
気長にコツコツやっていくのも
必要だなと
再認識させられました。

スマホが主流になり
読者が共感できるものが求められ
個性的な写真が
古い写真として片付けられる日が
カメラ雑誌休刊により来てしまったと感じています。
これから、時代に順応していく写真家と
一旦、自己表現に走る写真家に分かれると思います。
今が時代の転換期であり、写真史に残る写真家が生まれるかもしれません。
今後に期待です。



[1162] (無題)

投稿者: tadeen 投稿日:2021年 8月16日(月)14時35分9秒 sp1-75-153-33.msc.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

北斎さん、復活おめでとうござきます!^_^

昨日は終戦の日でしたが特番らしいものはNHKの夜9時からの番組くらい。日中戦争を終わらすために蒋介石がアメリカの対日参戦を画策していたこと。その間に、日中講和のチャンスが何回もあったこと、そしてそうしなかったためあの悲惨な戦争を生んだことなど放送していました。それに比べたらコロナは怖くない。



[1161] 復活しました

投稿者: 北斎やわら 投稿日:2021年 8月14日(土)02時31分36秒 113x38x137x83.ap113.ftth.ucom.ne.jp  通報   返信・引用

入院して思わぬアクシデントもありましたが
何とか復活しました。
オリンピックも終わり次はパラリンピックが
楽しみです。
コロナは新しい段階に入ったんではないでしょうか
感染拡大が続いているがもう緊急事態宣言など意味をなさなく
なっているような気がします。それは最近マツケンサンバが
密かに脚光を浴びているのが何よりの証明です。
大衆はこの長期の閉塞感に耐えきれなくなってきているんだと思います。
私はもう開放する方に舵を切るべきだと思います。
ワクチン証明書をもって開放すべきだと思います。
既にバリもニューヨークも舵を切りつつあります。
もうこのまま緊急事態宣言を続けても意味はないように思います。
では、唐突ですが来月号の入稿をお願いします。


911件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.